中古車 査定 ポイント

中古車査定の時に査定士は当然ながら価格を査定するときに何かしらポイントとなっているところがあるはずです。

逆に言えば、査定の時にこちらが査定士の見るポイントを知っていれば査定額を上げることも可能だと思いませんか?

というわけで、私が調べた専門家の指摘する、査定時に注意すべきポイントを挙げていこうと思います。

1、外装

傷やへこみがあるとやはりマイナス査定になるようです。

では、マイナス査定にならぬように修理をした方が良いのでは?

という疑問が生まれます。

その疑問に対する返答は「NO」なのです。

なぜか?

修理したことによるプラス金額よりも修理代金の方が高くつくこともあるのだそうです。

なので、むやみに修理すればいいというわけではない、とのことです。

2、内装

普段からキレイに使っているという方がほとんどだと思いますが、専門家によると

においには気を付けたほうが良い、とのことです。

特にタバコやペットのにおいだそうです。

どうしてもタバコのにおいがダメな方、ペットに対してアレルギーのある方もいますよね。

そういった方にはウケが悪くマイナス査定になるのでしょう。

なので、売りたい方は当分は車内喫煙は少しでも控えた方が良さそうです。

3、エンジン

エンジンのオーバーホールや載せ替えがあると申告すればプラス査定になることもあるようです。

なので、それは査定士の方に伝えると良いでしょう。

4、書類の保管

下記の書類の有無によって査定金額に差が出ることがあるようです。

今のうちに確認しておくと良いのでは?

・定期点検整備記録簿

・取り扱い説明書

・スペアキー

いかがでしたでしょうか?

プロが見るところはプロでないと分からないので、専門家の事前の情報は非常に役立ちますね。

傷やへこみに関しては今からではどうしようもない部分ではありますが、

内装に関してはこれからの努力でマイナスを減らすことが出来るかもしれませんので、

高額査定を勝ち取るために、対策を立てておくのもいいのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です